御成門プログラマーのグルメ記録

御成門、新橋、虎ノ門、有楽町を中心としたグルメ・ランチ情報を共有します。

【やきとり宮川@豊洲】ふわふわ新食感の白い卵かけご飯。【すごい卵かけご飯】


まるで生クリームのような白いふわふわとした見た目をしているすごい卵かけご飯(STKG)が気になるお店「やきとり宮川 豊洲店」を紹介します1949年に東京都中央区日本橋に鶏肉専門の卸問屋としてオープン。焼き鳥屋を中心とした鶏や卵料理のお店となります。

f:id:tt-suzukiit:20220329193710j:image

外観・場所・アクセス

f:id:tt-suzukiit:20220329192910j:image

場所は豊洲駅から徒歩4,5分のビル「豊洲フォレシア」の1Fにあります。写真のような外観で席はカウンター、テーブル、お座敷とあるようです。

メニュー

f:id:tt-suzukiit:20220329192652j:image

注文は食べ物、飲み物すべてタブレットから行います。こちらは名物の白い唐揚げ。
f:id:tt-suzukiit:20220329192634j:image

焼き鳥屋さんということで焼き鳥の品揃えも充実。
f:id:tt-suzukiit:20220329192614j:image

〆の一品メニュー。こちらにある「すごいたまごかけご飯」が今回の気になるメニューです。

f:id:tt-suzukiit:20220329192712j:image

入口にも大きく「すごい卵かけごはん」のたれ幕がかかっています。これは食べないわけにはいきません。

今回は「すごい卵かけご飯」、「白い唐揚げ盛合せ(むね、もも)」、「焼鳥 おまかせ5本盛り合わせ」を注文します。

数量限定 すごい卵かけご飯

f:id:tt-suzukiit:20220329193755j:image
まず最初に紹介するのは一番気になる「すごい玉子かけごはん」です。このたまごかけご飯どうなっているかというとメニュー説明には下記のように説明されています。

卵黄の醤油漬けとふんわりメレンゲの新感覚メニュー。一度ご賞味ください。

白い部分はメレンゲでバーナーで炙って焼き目をつけていて、残りの黄身の部分を醤油漬けにした卵かけご飯のようです。

f:id:tt-suzukiit:20220329193809j:image

卵黄は透き通るようなオレンジ色をしています。「混ぜずにすくって食べるといい」とお店の方が食べ方を説明してくれましたのでそのように頂いていきます。

f:id:tt-suzukiit:20220329193827j:image

食感は普通のたまごかけご飯にはあり得ないふわふわのメレンゲ食感です。メレンゲの部分にもしっかり出汁醤油の味が付いていて、メレンゲとご飯だけでも食べる進められるようになっています。卵黄の部分は半熟ですが、流れるような粘度ではなく、まったり濃厚な味わいで絶品です。

名物 白い唐揚げ盛合せ(むね、もも)

f:id:tt-suzukiit:20220329192335j:image

こちらがやきとり宮川の名物の白いからあげです。確かに白いです。こだわりの油の鮮度、雪塩、片栗粉とコーンスターチによって作られた白いからあげはむねとももの2種類があります。写真の左がむね、右がももです。

こちらの唐揚げは塩味になっていて、濃すぎないやさしい味付けでした。ぽん酢をつけて食べることでさっぱり感が出ています。

一押し やきとり おまかせ5本盛合せ

f:id:tt-suzukiit:20220329192526j:image
焼き鳥がおまかせが5本出てくるセットです。今回は下記5本。

  • ぼんじり 塩
  • レバー 塩
  • 砂肝 塩
  • はらみ タレ
  • ねぎま タレ

さすがの焼き鳥店のクオリティ。焼き鳥の香ばしさがしっかりあり、肉も柔らかく美味しいです。鶏肉は敢えて産地を絞らず、そのときに一番美味しいものを選別しているそう。鶏肉に対するしっかりとしたこだわりを感じますね。タレも甘くて香ばしい、いい味が出てました。

やきとり宮川 豊洲店 公式ページ

豊洲店以外にも「やきとり宮川 赤坂インターシティAIR店」、「やきとり宮川 四ツ谷店」、「やきとり宮川 大手町店」があります。

https://yakitori-miyagawa.jp/toyosu/

食べログ情報

やきとり宮川 豊洲店

050-5571-7751

東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア 1F

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131307/13172421/