御成門プログラマーのグルメ記録

御成門、新橋、虎ノ門、有楽町を中心としたグルメ・ランチ情報を共有します。

【みこ寿司@新橋】完全予約制、絶品厳選ネタを味わえるコスパ最高で予約の取れない話題店


新橋界隈のお寿司屋で話題のお店「みこ寿司」を紹介します。「みこ寿司」さんは完全予約制、住所非公開、1日20名限定と超高級店のようなお店で一流の絶品ネタをコスパ良く堪能できるお店です。2021年12月にオープンして早くも予約の取りづらいお店予約困難なお店になりつつある注目店でもあります。
f:id:tt-suzukiit:20220510200004j:image

外観・内観・座席・お店の雰囲気について

f:id:tt-suzukiit:20220510195534j:image

お店の住所は住所非公表となっていて予約が完了すると予約完了メールに住所が通知されます。お店はとあるビルの中にあり、外から見つけることはできない場所にあります。

お店の中はこじんまりとしたカウンター7席のみでやや狭い印象でした。新橋の昔ながらのバーを改装したような感じなのかな。スタッフは大将とホールの方二人だけです。敷居が高そうですが、お店に入るととてもアットホームな立ち食い寿司という感覚で安心感があります。

大将も気さくな方でお寿司を握りながらお客さんとのコミュニケーションをしっかり取ってくださいます。

メニュー

f:id:tt-suzukiit:20220510223439j:image

メニューはこちらです。頼み方は好きなネタを1貫単位で注文することも、メニューすべてを1貫ずつ頼む「一通り注文」もあります。一通り注文で苦手なネタだけ抜いてもらうなどかなり自在に注文可能です。今回はおまかせで「一通り注文」をしました。

そでいか 九州

f:id:tt-suzukiit:20220510195702j:image

まずは九州産そでいかから始まりました。塩とすだちで味付けされてます。とんでもなくイカがやわらかくいきなりクオリティの高さに驚きました。

真鯛 三重・愛媛

f:id:tt-suzukiit:20220510200052j:image

真鯛です。少し炙ってあり、香ばしくかつ鯛の味も負けてません。全体的に醤油や塩などの味付けはすでにされている江戸前スタイルでした。醤油は九州醤油なのかな?甘みと出汁の味が感じられ美味しかったです。

かんぱち 高知

f:id:tt-suzukiit:20220510195936j:image

しっかりコリコリ食感で美味しかったです。

富士の介サーモン 山梨

f:id:tt-suzukiit:20220510200116j:image

「富士の介(ふじのすけ)」はキングサーモンとニジマスを交配した種類とのこと。舌触りがとてもなめらかでサーモンの旨さも出ていて美味しかったです。

本まぐろ赤身 塩釜

f:id:tt-suzukiit:20220510200201j:image

身がやわらかくてなめらかでふわっふわっでした。いいマグロです。

本まぐろ中とろ 塩釜

f:id:tt-suzukiit:20220510200322j:image

赤身のやわらかさに加えて、舌でとろける脂が最高です。

まぐろほほ肉炙り

f:id:tt-suzukiit:20220510200403j:image

メニューにはありませんでしたが、鮪の頬肉のあぶりです。ステーキ肉のようにジューシーさとレアな旨みが合わさっています。

あじ

f:id:tt-suzukiit:20220510200445j:image

綺麗に包丁が入ったアジです。上に乗っている薬味はネギをすりつぶしたもので、食べてみると新鮮さを感じるアジの旨みとさっぱり感のある葱のうまみが相性良く絶品です。

〆さば

f:id:tt-suzukiit:20220510200512j:image

炙りの入った〆さばです。焼サバのような焼き魚としての鯖の美味しさと〆サバの酸味のある生の部分が混ざって絶品です。

帆立

f:id:tt-suzukiit:20220510200644j:image

いままで食べてきたホタテの中でも格段にやわらかかったです。身も厚く甘くて美味しいです。

赤貝

f:id:tt-suzukiit:20220510200736j:image

すだちがかかっていて甘い醤油と合わさって甘酸っぱい味付け、貝臭さもなく、身が分厚くておいしかったです。

くるまえび

f:id:tt-suzukiit:20220510200900j:image

プリプリ、サクサク食感。海老自体の甘みもあって見た目の期待感を越える美味しさです。

白えび

f:id:tt-suzukiit:20220510200817j:image

ねっとりやわらかでとろける甘さです。この食感が堪らないですね。

いくら

f:id:tt-suzukiit:20220510200927j:image

プチプチ大粒のいくら。脂の乗っていて味付けもいい感じ。海苔の香りもいい香りです。

煮穴子

f:id:tt-suzukiit:20220510201041j:image

握る前にしっかり炙れた煮穴子。炙られてるので香ばしさがお店中に広がります。身も崩れる感じで柔らかったです。

うにパラダイス
f:id:tt-suzukiit:20220510201214j:image

「みこ寿司」名物といえばウニということで常時3種類以上のウニが揃っているとのことです。仕入状況により、ウニの種類がまったく違うとのことなのでご注意ください。来店日は偶然にも5種類のウニがあったため、せっかくなので全部いただきました。左からカナダ産バフンウニ、赤ウニ、バフンウニ、塩水ウニ、青森産ムラサキウニです。産地も全部聞いたのですが、忘却しました。ひとつひとつのウニの違いを楽しみましたが、どれも甘く、臭みがなく、とろける最高のウニでした。特に一番左のカナダ産バフンウニの握りはウニの大きさが今まで見たことのない大きさで、口に入れるとウニがいっぱいに広がる感覚は最高の体験でした。

とろ手巻き

f:id:tt-suzukiit:20220510201309j:image

トロとたくわんと白えびの入った「とろ手巻き」。これがまた美味しかった思い出です。鮪だけでもとろける食感ですが、白海老が入ることでさらに甘さと旨みが追加されています。

しじみお椀

f:id:tt-suzukiit:20220510201433j:image

しじみたっぷりのお椀。いい出汁出てます。

納豆手巻き

f:id:tt-suzukiit:20220510201922j:image

最後は納豆手巻きで〆。大粒の納豆と海苔の佃煮が入っています。この2つが合うんですね。今度家でもやってみようと思います。地味ですが、自分が今まで食べた納豆巻きで一番美味しかったです。

みこ寿司 感想

まずお寿司の味はとてもおいしく満足でした。お値段はお寿司22貫+お椀+アルコール一杯で1万2000円ほどでした。決して激安とは言えませんが、このクオリティの高さを考えるとコスパはとても高いも思います。たまには贅沢したいと思っている方、何か記念日やお祝い事がある方にもおすすめです。ごちそうさまでした。

予約方法・空いてる時間について

予約は下記のみこ寿司公式予約ページから行えます。予約可能時間は12時~、14時~、17時~、19時~、19時半~です。予約が取りやすい狙い目はお昼と17時~ですね。また、残席1のおひとりさま狙いも意外と空いてそうです。

https://rsv.ebica.jp/ebica2/webrsv/rsv_vacants/vacant/e014082201/25771/0511

(2022年9月4日追記)現在、あの東京カレンダーで紹介されたり、SNS上でもさらに話題沸騰しており予約が取れなくなってきています。3ヶ月先も予約で満員の状況なので気になる方は早めに予約することをおすすめします。

系列店「みこ食堂」の紹介

先日2022年5月11日にみこ寿司系列の立ち食い海鮮丼店「みこ食堂」が同じく新橋にオープンしました。こちらのお店はみこ寿司のクオリティの高いネタをさらにお得に食べることができるお店です。是非こちらもご覧ください。

【みこ食堂@新橋】贅沢海鮮を味わえる立食い海鮮丼専門店でランチ【日替わりみこ丼(大)】 - 御成門プログラマーのグルメ記録

さらに系列店として「みこ市場」、「みこ酒場」もあるので行ってみたいと思っています。

食べログ情報

「みこ鮨」、「巫女寿司」、「御子寿司」ではないです。

みこ寿司

東京都港区新橋 (住所非公開)

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13267831/